リスクマネジメントがなぜ大切か

地球儀の上で討論する

倒産予測は与信管理の中核をなす考え方です。ビジネスにおいて相手の企業を信用することとリスク管理を徹底することは別の仕事です。
倒産予測値は複数のデータをとって総合的に判断する必要があります。取引先との良好な関係を築くためにこそ、リスク管理を行っているのです。
専門のデータベースを利用する企業に依頼すれば、公正な予測を得ることができリスク管理に役立ちます。自社でデータを扱おうとすると複雑な数式を使わなければならず、経費も莫大にかかります。

リスク管理のデータは、複数の企業を比較することで正確性が増すものです。リスク管理を専門に扱う業者は、依頼者のデータを客観的に扱ってくれます。
経営者意識を高めるためにもビジネス取引上のリスクは正確に管理しなければなりません。倒産予測値が高い企業はいくら長いつきあいがあるといっても、自社をまきこむリスクがあるので距離をおかなければなりません。
大手の企業にたいしても同様にリスクを計算する必要があります。大手企業を信頼するのは簡単ですが、コストをかけて与信管理をすることでもしもの時に会社の命を救うことになるのです。
取引上のリスクを少なくするためにはすべての企業の情報を総合的に評価する必要があります。基準のひとつとして、緊急を要する情報の扱いがあげられます。
今まで懇意にしていた相手と急に距離をおくのは難しいものです。これまでリスクを考えさせるようなデータがあがってこなかった相手ならなおさらで、たった一回の危険な情報で相手を評価するのは間違ったことのようにも思えます。
しかし、たったひとつの情報でもリスクの度合いが高過ぎる場合は、倒産を避けるために取引を回避せざるをえないのです。

取引する金額の限度額は倒産予測値に応じて決まります。優良企業は当然倒産予測値が低いので、多額の取引をしても安心です。
限度額を設定するのは、取引のお金が回収できなくなるのを防ぐためです。相手の会社が倒産してしまうと、法的な手段をとってもお金をひきだすのは困難です。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

Bookmarks